今からYouTuberを始めるための録音機材の選び方。プロとの違いは「音質」。


黒沢秋 2019年12月24日 19:12

YouTuberや配信者が急激に増えている今日、音声収録に目を向けていない人が多く思えている。僕は、「自主映画とプロの映画の違い」は「音質」にあると思っている。どんなに高画質な映像であっても、しっかり音声が聞こえないと途端に素人っぽくなる。確かに、『映像』と違って『音声』は目に見えない"音"という物を扱うため、非常に難しく、取っ掛かり辛い。

今回の記事では、今からYouTuberを始める方でも、また、今から音声クオリティを上げたい方の為にも、お勧めの機材を紹介する。

 

■レコーダー

tes
ZOOM「F6」

先ずは「レコーダー」を紹介する。レコーダーとは、その名の通り、「音声を収録する機材」だ。ただ音声を収録するだけなら、カメラにマイクを刺せばいいじゃないか、と思うかもしれない。

 

ZOOM F6、D50、R-44

MODELS: 永岡紗姫・篠塚まり・まゆめろ

SPECIAL THANKS : FOR-Z